7月22日(日)ピアノステップアップ練習会。ピアノのバッキングを考える。ジャズらしい音で

セッションの初心者ピアノの方のためのステップアップでセッションデビューをめざす練習会『ピアノのためのステップアップ練習会』を開催します。

7月22日(日)より4回+特別回2回で年内にセッションにおける演奏の基本を学んでいきながら、実際の演奏に慣れるための演奏練習をしていきます。

この時間はある程度課題曲を決めて、それを演奏できることをゴールにしますが、毎回ピアノに必要なテーマにそって、その解説と練習をしていくことで、セッション力をつけるようになることを目指します。

ここでの特徴としては3つ。

①何をどう演奏しているのかを知る

②演奏を俯瞰的にみる

③同じ演奏の仲間で上達をめざす

①何をどう演奏しているのかを知る

たとえば、セッションではアレンジされた譜面をそのまま演奏するのではありません。ジャズでは、コードとメロディしか書かれていないシートを見ながら演奏します。与えられたコードでどう音を出すのか、なぜそうなるのかという部分を理解しながら、演奏できないといつまでたってもセッションはできません。そして、その曲だけでなく、その考えをほかの曲にもどんどん応用していき、いろいろな曲を演奏できるようになることが大事。その基本を学びます。

②演奏を俯瞰的にみる

一人で練習している時と違い、セッションでは数人で演奏します。その場合、それぞれの楽器には、それぞれの役割があります。それを理解し、上からみているように全体の中で自分の演奏がどうなっているかを意識しながら演奏していくことが大事です。自分の演奏だけにどっぷり意識がいって周りの音が耳に入ってこない状態ではいい演奏はできません。そのためにも、ほかの演奏者の視点や俯瞰的な視点をもって演奏してみてもらいます。

③同じ演奏の仲間で上達をめざす

ジャズのピアノの方は、イントロからエンディング、バッキング、アドリブと1曲の中でずっと演奏し、そしてそのパートの中でやらなければならないこと、求められることがあります。ある意味、プレッシャーのかかる楽器かもしれません。同じ楽器を演奏する仲間がいるということは心強いものです。ワークショップでありががらサークル的な仲間との出会いがモチベーションを高めます。

ということで、

12月までの予定です。

7月 バッキング強化(ハーモナイゼーション)

8月 バッキング強化(リズム)

9月 アドリブファーストステップ

10月 アドリブ発展形

11月【特別編1】さらにジャズらしいアドリブ

12月【特別編2】イントロ・エンディング強化

 

ジャズピアノをやりたい方はぜひ、一緒に楽しくピアノをやっていきましょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Copyright 2018 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ