7月22日(日)午前・ボーカルのためのセッション入門講座

ボーカルのためのセッション入門講座~セッション参加を目指すためにこのポイントをマスターしよう

普段のボーカルレッスンでは、発声、英語の歌詞の発音、ピッチ、フェイク等で、ボーカリストの方々は精一杯なのではないでしょうか?
しかし、いざセッションなどで他の楽器の方と一緒に演奏すると、イントロ→インストソロ→4バース→ラストテーマとエンディングの様な流れや、カウントの出し方、ソリストへの合図等、セッションで必要な知識と技術の不足から自信をなくしてしまうケースも見られます。

ここでは楽器を演奏する人と一緒に、愉しく演奏できるボーカルの人のためのセッションのイロハを学びます。この内容は、セッションをメインにしていますが、発表会とかライブなどのシーンにも共通して役立ちます。

長年、多くのボーカリストの歌伴奏を手がけてきた外谷先生による、演奏シーンにおけるジャズボーカル必須のノウハウをご紹介していきます。

講師:外谷東氏

参加費:4500円
対象:ジャズボーカルでセッションデビューを目指す入門者の方、セッション経験の少ないボーカルの方

題材曲同じ題材の曲をつかって実際のセッションを想定して学んでいきます。

●7月22日(日)午前・ボーカルのためのセッション入門(2)

前回は大きなセッションの流れを解説。今回はボーカルの人が知っておいてほしいポイントを実例を交え紹介していきます。さらにテンポを出す、リズムについても解説。

●8月26日(日)午前・ボーカルのためのセッション入門(3)

演奏者と共有できる譜面の書き方のコツ。

●9月23日(日)午前・ジャズのセッションでスキャットをやろう1

スキャットのしかた。基本はどうする

●10月28日(日)午前・ジャズのセッションでスキャットをやろう2

9月の基本を受けて、よりさまざまなスキャットを考えてみます。

●11月25日(日)午前・ボーカルのためのセッション実践1

●12月16日(日)午前・ボーカルのためのセッション実践2

 

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Copyright 2018 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ