【セッションで演奏される曲19】Have You Met Miss Jones? ジョーンズ嬢に会ったかい?

ジョーンズ嬢に会ったかい

Have You Met Miss Jones? ジョーンズ嬢に会ったかい?
作詞 Lorenz Hart/作曲 Richard Rodgers 1937年

「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」をはじめ数々の名曲を送り出した作詞作曲コンビ、ロレンツ&リチャーズによる1937年のミュージカル『やっぱり正しくありたい(I’d Rather Be Right)』の中の一曲。

大不況の最中、ペギー・ジョーンズ嬢に恋してしまうのサラリーマンの苦労物語です。

2001年のイギリスのロマンティック・コメディ映画『ブリジット・ジョーンズの日記』の中でポップシンガーのロビー・ウィリアムスが歌い、そのオリジナル・サウンドトラックにも収録されています。

ジョー・パスの名盤『ヴァーチュオーゾ(virtuoso)』ではアルバムタイトルのごとく、「巨匠」たる素晴らしいソロギターを聞かせてくれます。

1956年の『アート・テイタム=ベン・ウェブスター・カルテット』での演奏は1930~40年代に活躍した名ピアニスト、この年に亡くなったアート・テイタムの最後のセッションです。

同じ時代の名テナーサックス奏者ベン・ウェブスターとの心温まる共演です。

マッコイ・タイナーの1963年のアルバム『リーチング・フォース』ではドラムスにロイ・ヘインズが参加したピアノトリオでの演奏。

この曲はサビの部分のコード進行が独特で、コルトレーンの名曲「ジャイアント・ステップス」はこのコード進行を参考にしたのではないかといわれています。

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ