【セッションで演奏される曲20】Body and Soul 身も心も

身も心も

身も心も    Body and Soul
作詞 (Sour & Heyman, Eyton/作曲   John Green 1930年

作曲者のジョン・グリーンがイギリスの女優ガートゥルード・ローレンスのために書いた曲で、初めはジャック・ヒルトン楽団によってイギリスで録音されました。

その後ポール・ホワイトマン楽団とジャック・フルトンの歌でヒット、またブロードウェイミュージカル『スリーズ・ア・クラウド』で歌われ人気が広まりました。

以来ルイ・アームストロング、ベニー・グッドマン等々数えきれないほどの多くのミュージシャンがこの曲をレコーディングしています。

そしてコールマン・ホーキンス、ビリー・ホリディなど数々の世紀に残る名演奏を残している、まさにスタンダードの王道を行く一曲でしょう。

ジョン・コルトレーンの『コルトレーンズ・サウンド』ではベースのペダルトーンが印象的、マッコイ・タイナーの緻密なピアノ・バッキングにコルトレーンのテーマも光ります。

孤高のピアニスト、セロニアス・モンクの『モンクス・ドリーム』ではソロでの演奏、力強く独創的でジャズピアノの極みともいえる名演です。

ビバップ・ピアノの元祖ともいわれ、多くのジャズピアニストに多大なる影響を与えたバド・パウエルの『ジャズ・ジャイアント』では彼の生き様をも彷彿とさせる渾身の「身も心も」を聞くことができます。

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ