【セッションで演奏される曲15】 Alone Together アローン・トゥゲザー

アローン・トゥゲザー Alone Together

Alone  Together アローン・トゥゲザー    

作詞 Howard Dietz  /作曲 Arther Schwarz 1932年

1932年のブロードウェイミュージカル『Flying Colors』での1曲。

多作だったこの作詞作曲コンビの中で「アローン・トゥゲザー 」ほど親しまれ、レコーディングされた曲はないでしょう。

「人ごみの中でも二人は孤独、ひとりぼっち。でも二人一緒になれば強くなれる~どんな困難も乗り越えていける」というラブソング。

1932年暮れにはLeo Reisman楽団をバックにFrank Lutherの歌でレコードヒットチャートにあがりました。

この曲のテーマはマイナーでもの寂しく始まりますが、サビの前の2小節が突然メジャーになります。

ここがこの曲の特徴ともいえるでしょう。

スタンリー・タレンタインとスリーサウンズの『ブルー・アワー』では粘りのあるタレンタインのテナーとブルージーなジーン・ハリスのピアノが聞きどころ。

ソウルフルなギタリスト、グラント・グリーン『グリーン・ストリート』での演奏はシングルトーンで音数は多くないもののブルースフィーリング溢れ心に残ります。

またケニー・ドーハムの名盤『クワイエット・ケニー』では憂いのあるドーハムのトランペットに寄り添うトミー・フラナガンのピアノが絶妙です。

アート・ブレイキー「カフェ・ボヘミアのジャズ ・メッセンジャーズ 1」のハンク・モブレーのバラードも素晴らしいです。

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ