10月18日(日)昼・ジャズピアノアンサンブル基礎 ”スケールで自由にアドリブ”

ピアノはやったことがあるけれど、ジャズピアノの興味がある、ジャズピアノはどういうもの?

そんな方からジャズピアノを体験していただきます。

ソロピアノでなく、他のパートと一緒のアンサンブルの形式としては、ジャズピアノトリオ(ピアノ、ベース、ドラムなど)のようなもの、セッションなどで演奏されるサックスなどのフロント楽器が参加している形式の場合となどがあり、それぞれのピアノの役割は異なってきますし、演奏のために必要なことも少し異なります。

そこを理解して学ぶことが大事です。そのための一歩として、実際にどうなっているのかをここで学んでください。

まずジャズとはどのようなものか、アンサンブルの中でどういうことをするのかを理解いただき、セッションデビューに向けて効率よく上達していただくためのファーストステップとなるワークショップです。

今月は、アドリブの2回目です。前回はメロディをもとにアドリブをしていきました。次は、スケール一発で自由に演奏するアドリブをやっていきます。

あまり難しく考えず、音に集中してみましょう。またその曲をアドリブするための簡単な考え方もジャズ理論をもとに学んで演奏でやっていきましょう。

まったくの初心者の方も、まずは左手の伴奏を入れられない場合は、右手だけでも大丈夫ですので、体験してみてください。

また、曲については、曲の左手の押さえ方などの事前資料をご用意しています。ご自身のスタイルでも、またその事前資料を参考にというのでも大丈夫です。事前資料の必要な方は申込み時にご連絡ください。

◎日時:2020年10月18日(日)昼13:00~15:00           ◎講師:中林万里子(pf)先生   ◎参加費:4800円

詳細・申し込みは、こちらをどうぞ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Copyright 2020 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ