この時期、幸せな気分になるクリスマスのジャズ名曲の数々。

もう、街の中にはクリスマスツリーがあちこちに飾られていますね。

今日は皆さんにジャズの演奏で人気のあるクリスマスソングからオススメをピックアップしてご紹介します。

驚いたことにあのバップを代表するチャーリーパーカーも多分、唯一のクリスマスソングを演奏しています。

後は、オスカー・ピーターソンや、ビルエバンズもクリスマスソングをアレンジして演奏しているんですね。ジャズの演奏は、いつものクリスマスソングが、より大人のクリスマスって感じになりますね。クリスマスの曲をいろいろと聴いてみると、幸せな気分になってきます。

そういえば、クリスマスシーズンになるとセッションでも、アドリブの中にクリスマスの曲をイメージさせるフレーズ入れたりする人もちらほらいるようです。

◆珍しい、チャーリー・パーカーのクリスマスの演奏

チャーリーパーカーがクリスマスの演奏をというのが私にはあまり結び付かないのですが、1948年のクリスマスライブで演奏されたものだそうです。おそらく、彼にとって、唯一のクリスマス曲の演奏ではないでしょうか。

White Christmas Charlie Parker

 

こちらはデクスター・ゴードン。1970年のアルバム「The Panther!」に収録されています。

The Christmas Song Dexter Gordon Quartet

 

セッションでもお馴染み、JustFreiendsの曲では歌も歌っていたトランペットのチェット・ベイカー。彼もこんな曲を演奏しています。

The First Noel Chet Baker

ギターでは、ジョーパスがジャズの魅力たっぷり、渋い演奏を聴かせてくれます。

O Christmas Tree Joe Pass

O・ピーターソンやB・エバンスなどピアニストの演奏も。

オスカー・ピーターソンなんだと一瞬わかりませんでした。ジャズに親しみのない方にも聴きやすいかも。

O Little Town of Bethlehem Oscar Peterson

クリスマスの定番の曲ですが、ビル・エバンスらしさ満載。

Santa Claus Is Coming to Town Bill Evans

エディ・ヒギンズも好きなピアニストの一人ですが、このトリオ演奏もジャズ初心者の方にも聴きやすい曲ではないでしょうか。

Winter Wonderland Eddie Higgins Trio

ビージー・アデアによるアルバム「Jazz Piano Christmas」からの1曲。BGMとして聴きやすいクリスマスソングです。

The Christmas Song Beegie Adair

シカゴ出身のジャズピアニスト、ラムゼイ・ルイスもクリスマスにお馴染の曲を演奏しています。

Here Comes Santa Claus Ramsey Lewis Trio

映画ダイハードで印象的なクリスマスの曲。ボーカルものオススメ。

かなり前になりますが、映画「ダイハード2」のエンディングで流れていたのが、Let It Snow, Let It Snow, Let It Snowという曲。クリスマスイブにテロリストと戦う主人公がなんでこんな目に逢わなければならないんだというぼやきが聞こえてきそうです。ここでは、ジョー・スタッフォードとフランク・シナトラのをご紹介しましょう。

Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow Jo Stafford & The Starlighters

Let It Snow, Let It Snow, Let It Snow Frank Sinatra

ジャズボーカルと言えば、サッチモの愛称で親しまれ、知らない人はいないくらい有名なルイ・アームストロング。天才トランペッターであった彼の個性的な声も魅力です。

Christmas in New Orleans Louis Armstrong

ジャズの女性ボーカルと言えば、スキャットの女王。エラフィッツ・ジェラルド。大好きなボーカルの一人です。「スウィンギング・クリスマス」というアルバムに収録されているクリスマスソング。ブルースなんですね。

Good Morning Blues Ella Fitzgerald

感傷的なクリスマスには、こういう曲はどうでしょうか?

I’d Like You For Christmas Jamie Paul

クリスマスワルツという曲はビル・エバンスも演奏していましたが、ボーカルは入ると華やかになりますね。

Christmas Waltz David Benoit Trio

ドリス・ディのクリスマスソングは、クリスマスに君のもとに帰りたいという第二次世界大戦の戦地にいる兵士の気持ちを歌った曲。切なくなります。

I’ll Be Home For Christmas Doris Day

こちらは、いい子にしているからクリスマスに指輪や車を頂戴という小悪魔な女性の曲。昔に流行った、松任谷由美の「恋人はサンタクロース」の外国版みたいなものでしょうか。

Santa Baby Eartha Kitt

その他、こうした曲も聴き逃せない!?

デューク・エリントンによる大人なジングルベルはいかが?

Jingle bells Duke Ellington & His orchestra

クリスマスといったら、この人の声は誰もが聴いたことがあるのでは?

God Rest Ye Merry Gentlemen Bing Crosby

そして、この曲もこのシーズン、よく耳にするはず。お馴染みのクリスマスソング。この人の娘も有名な歌手です。

The Christmas Song Nat King Cole

そしてクリスマスではありませんが、大みそかにかけての曲は、これ。ジャズボーカルでもあり、ジャズピアニストでもあり、俳優でもあるというマルチな才能の人のようですね。

What Are You Doing New Year’s Eve? Harry Connick Jr.

 

このほかにもジャズとクリスマスの曲はいろいろありますので好きな演奏を探してみてくださいね。

それでは、楽しいクリスマスをお過ごしください。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Copyright 2019 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ