10月20日(土)13:00~16:00 脱ひよこクラブ【特別企画】アーテイキュレーション強化プログラム。

ジャズを演奏しているつもりだけど、どうしてもジャズらしく聴こえない、ジャズっぽく演奏しているつもりだけれど、どうしても盆踊りになってしまう。
譜面の通り演奏しているのに、その聴こえ方がなぜ違うのか。その”なぜ”がわかってくると、あなたの演奏も変わってきます。

この違いを出すのは、音楽的なその表情の付け方で、”アーティキュレーション”といいます。

ジャズ特有のこの表現の違いは、もともとジャズの音楽が英語の音楽であるというところからきています。

日本人である私たちが苦手とする言語からくる感覚。
これを体得するには、まずは、楽器以前にその感覚を実際に体で表現してその感覚を実感して体で理解していくことが大切です。今回は楽器を脇に置いて、その感覚を徹底的に実感していきましょう。

この方法を日常の練習の中で取り入れることによって、あなたの演奏がジャズになっていくはず。その上達のためのワークをやっていきます。
●10月20日(土)13:00~16:00 めざせ!セッションデビュー脱ひよこクラブ【特別企画】アーテイキュレーション強化プログラム。
 →ジャズっぽい音、ジャズらしい演奏に近づくためのコツに迫る。楽器は今回、いりません。カズーを使って歌うということに集中して練習してみます。

◎講師:村井千紘(Ts )
◎対象:ジャズっぽく演奏したいとフレーズを吹いているんだけどいまいち格好がつかない方やもテーマもなんだかジャズっぽく吹けなくてお困りの方
◎参加費:4300円
◎注意事項:楽器は不要です。カズーを使用します。カズーは1個300円で販売します。お持ちの方は、ご自身のをお持ちください。

◎内容:アーティキュレーション編はカズーを使って、資料に書かれた通り「ドゥーダ」で歌ってみたり、カズーでセッションをしてみたり。音程にとらわれる前に、まずは素直にジャズらしい歌い方を意識してみます。フロント楽器が対象。

今回は基礎編ですが、来月11月24日(土)はアーティキュレーションを意識したアンサンブルの実際を演奏でやっていきます。詳しくは下記のページで予定をご確認ください。

>>脱ひよ参加者の情報ページ『脱ひよクラブのお部屋』できました。<<

今後の予定もまとめております。

 

RESERVA予約システムから予約する

 

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Copyright 2018 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ