超・超初心者のための超基礎1.(音程)

これから音楽を始める方、そしてジャズを始める方は、楽器を演奏する上でもこれをしっかり理解しましょう。譜面がまったくダメという方も、ここはすべての基本なのでしっかり覚えてくださいね。

音名

ジャズでは基本的に音名やコードに英語を使います。

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ド

 はイタリア語で
これを英語表記にすると

C D E F G A B C  です。

また、ディグリー(度数)といって、

キー(ドレミファソラシド)に対する音の位置関係を数字で表すこともよく使われます。

(1-2-3-4-5-6-7-1)

コードを数字で表す時はローマ数字を使います

Ⅰ Ⅱ Ⅲ Ⅳ Ⅴ Ⅵ Ⅶ

ここで、スケールを考えてみましょう。

鍵盤楽器だとわかりやすいですが、ドレミファはすべて白鍵をつかう音で、明るい感じのするメジャースケールとなります。

Cのキーのメジャースケールの音は、

ド レ ミ ファ ソ ラ シ ドになりますが、それぞれ、C D E F G A B Cとなります。度数で表すと、CはⅠ、DはⅡ・・・というようになります。

Fのキーだと、Fつまりファの音から始まるので、

ファ ソ ラ bシ ド レ ミ ファ

(F     G       A      Bb       C      D    E      F)。アルファベット

(Ⅰ Ⅱ Ⅲ  Ⅳ  Ⅴ Ⅵ Ⅶ Ⅰ)度数

となります。

□(#や♭)をつける場所

◇数字で表すときの(#や♭)は 数字の手前につける。

(例)  ♭3 ,♭7 など

<表記の注意点>

・♭(フラット)をマイナス記号で書くこともある 。(例)   (−3) (−7) など

・(#5)などは +  と書かれている場合もある。

 

◇ローマ数字の場合も(#や♭)は、同様に手前につける。

(例)   ♭ⅢM7  #Ⅳm7 など

 

◇英語の場合は(#や♭)は、後ろにつける。

(例)C# ド#  G♭ ソ♭  など

 

□音程

音程は二つの音と音の距離です。

ドの音から1オクターブ上のドまでを見た場合音程が以下の表になります。

 

音程は先ほど出た度(ディグリー)で表します。

音程は半音の数で考えると簡単にわかります。

 

音-音 音程 半音の数
ド-ド 1度 0個
ド-ド#(レ♭) #1(♭2)度 1個
ド-レ 2度 2個
ド-レ#(ミ♭) #2(♭3度) 3個
ド-ミ 3度 4個
ド-ファ 4度 5個
ド-ファ#(ソ♭) #4(♭5)度 6個
ド-ソ 5度 7個
ド-ソ#(ラ♭) #5(♭6)度 8個
ド-ラ 6度 9個
ド-ラ#(シ♭) #6(♭7)度 10個
ド-シ 7度 11個
ド-ド 8度 12個

 

まず、ここがすべての基本となりますので、しっかり覚えてくださいね。

Jazz Session J-Flow

ホーム