9/21(祝)ジャズセッションリアル体験実践型ワークショップ(1回完結型)

ジャムセッションはその場に集まった方々により演奏をするものです。 発表会や固定メンバーでの演奏とは本質的に異なる部分があるので、イントロからエンディングまでの各場面(Phase)でそれぞれのプレーヤーが何を考えて演奏しているのかを理解し、どのように対応していくのかを判断する現場対応力が必要となります。

このワークショップでは実際のセッション形式で演奏していただき、イントロからエンディングまでの各面(Phase)で、フロント、ギター、ピアノ、ベース、ドラムがどのように演奏し、全体の演奏の流れに対してどのように対応すべきかを実際のセッション形式で場面ごとに体験していただく「場面ベースアプローチ(Phase -based approach)」によるワークッショップです。

 

次のような方々を対象としています。

・セッション初心者の方 ・セッションの参加経験があるがうまくいかない方 ・ビックバンドなどのジャズバンド経験はあるがセッションが得意でない方 ・セッションの経験はないがジャズはできる方   「課題曲」※ご参加の方は、事前に下記の曲を聴き譜面を確認してください。 セッションの定番曲である2曲を題材にします。 Just Friends (F) Alone Together(Dm)

 

各場面での留意点は段階ごとにJust Friendsを題材に実際に演奏しながら習得していただき、Just Friendsをスムーズに最後まで演奏できることを第一目標とします。 次に、Just Friendsで習得していただいたことを基礎に、やや難しいAlone Together(Dm) に挑戦し、演奏することで実践力をブラッシュアップしていきます。

◎定員 ピアノ:4名まで ドラム:3名まで ギター:2名 フロント:6名まで *ベースはウッドベースのみです

◎具体的な内容 実際のセッションの進行に合わせて実践的に練習していきます。 セッションで通常のミディアムテンポの4ビートの曲は次の10場面(Phase)から成り立っているのが基本です。それぞれの場面(Phase)で、次のようなことを学んでいきます。

*実際のセッション演奏での現場対応力を身につけていただくことを優先的に練習します。 *曲自体の解説およびアドリブのフレージングについては簡単な説明のみを行います。

Phase 1 Before performance演奏の前に
Phase 2 Introイントロ
Phase 3 Themeテーマ
Phase 4 Ad-lib (Leeds)フロント楽器のアドリブ
Phase 5 Ad-lib (Guitar & Piano)ギター、ピアノのアドリブ
Phase 6 Ad-lib (Bass)ベースのアドリブ
Phase 7 Barsドラムのバース
Phase 8 Theme後テーマ
Phase 9 Endingエンディング
Phase 10 After performance演奏の後で

◎詳細: 9月21日(祝)13:00~17:00 講師:関根耕一郎氏 参加費:4800円 ◎申し込み・問い合わせはこのページにあるフォームよりお願いします。各パート、定員になり次第締め切りらせていただきます。お早めにお申し込みください。

Jazz Session J-Flow

ホーム