岡崎好朗さんのアドリブフレーズ研究(全インストパート)

ステージ:STEP3

カテゴリー:アドリブスキル

レベル:ジャズ初心者向け

◆ジャズらしい音をアドリブに取り入れるための練習ステップを学ぶ。

内容

日本を代表するジャズトランペッターの岡崎好朗さんに学ぶ実践的なアドリブフレーズ研究。学生時代から、ほぼ毎日、さまざまな名演奏をコピーし膨大なジャズフレーズを研究してきた岡崎さんがオススメする洗練されたアドリブフレーズをピックアップ。

この肝になる6つのコード進行のフレーズを学ぶことで、ジャズのスタンダード曲の70%は演奏できるというもの。譜面には表わされていない微妙なニュアンスも実際の演奏を真似ていくことで、これらのコード進行のフレーズを曲で自在に出せるよう、実践的にジャズのアドリブを体得していくためのワークです。実際にフレーズをどう練習していくかを、岡崎さんと一緒に演奏することで普段の練習はどのようにしていくかを学んで、ご自身の練習メニューに活かしていだたき、上達を目指していただく内容です。

※当店では、講師の方がセッションホストに入っている日には、実際の演奏をセッションの中で聴くことができます。その月のセッションスケジュールでご確認ください。

対象楽器

管楽器全般、それ以外のフロント楽器(バイオリン、ハーモニカなど)、ピアノ、ギター、ベース(※ヘ音記号譜面あります)

特徴

・ジャズに出てくるコード進行はどのようになっているかフレーズの構造を理解する。
・フレーズを使って岡崎さんはどのように演奏しているのかを知る。
・フレーズを使って普段での練習の行い方を理解。
・岡崎さんのおススメのフレーズのバリエーションで自宅で練習できる(資料)。

こういう方におススメ

・先生にジャズは習っているがセッションは経験がない少ない方。
・吹奏楽やビッグバンドの経験はあるが、譜面には慣れているが自由にアドリブができないのが悩みの方。
・ジャズが大好きで演奏したいがアドリブは何から始めていいかわからない方。
・ほかのジャンルでバンドなどをやった経験があるがジャズセッションに興味ある方。
・アドリブがジャズに聴こえないと感じている方。
・教則本(アドリブフレーズ集など)で独学で勉強したが、いまいち活かしきれていない方。
・自分のアドリブがマンネリになっていてこれからどう練習していいかわからない方。

講師紹介

岡崎好朗 氏(Tp)

プロフィール

1971年4月27日生まれ。東京都江東区出身。
12歳からトランペットを始め中学生のときに観た”ベニーグッドマン物語”に影響 されジャズを聴き始める。17歳のときからジャズを演奏し始め、五十嵐一生、村田浩に師事する。

1990年の夏にBerklee In Japan セミナーに参加して奨学金を獲得して、1991年9月にボストンにあるBerklee College of Musicに留学する。
1994年同校パフォーマンス科を卒業。

2003年8月21日に、自己のQuintet”OKAZAKI BROTHERS”(ts:岡崎正典・p:三木成能・b:上村信・ds:吉岡大輔)でデビューアルバム”HANK’S MOOD”をイーストワークスエンターテイメントより発売。

2005年5月よりNYに拠点を移し、同年12月にアーティストビザ取得。
渡米中は多くのジャズクラブ(Blue Note,Birdland,Dizzy’s club coca-cola,Iridium,Sweet Rhythm,Kitano等)で演奏し、Mingus Bigband,Mingus Dynasty,Velery Ponomarev Bigband,小曽根真No Name Horses等で活躍。

2008年9月NYから東京に拠点を戻し、ライブ、コンサート、レコーディングなどで活躍中。
都内でも数々のライブなどを開催し、J-flowでは定期的にセッションリーダーやワークショップを担当。

昭和音楽大学非常勤講師、国立音楽大学非常勤講師。

開催日時

開催月:奇数月開催
(※岡崎さんのわかるジャズ理論との隔月開催です。スケジュールでご確認ください。)
曜日:日曜日 (※月によっては土曜日や祝日になる可能性もあります)
時間:午前10時半~12時半(入室は10分前から)

開催スケジュール

『岡崎好朗さんの演奏に活かす・わかる・ジャズ理論』(偶数月)は、『岡崎好朗さんの実践アドリブフレーズ』(奇数月)で隔月開催でしています。下記スケジュールでご確認ください。

2022年
10月  ジャズ理論(準備編#0・ジャズの理論のはじめの一歩)
11月  アドリブフレーズ#1(メジャーツーファイブのフレーズ)
12月  ジャズ理論#1(メジャーキーハーモニーとセカンダリードミナント)
2023年
1月  アドリブフレーズ#2(マイナーツーファイブのフレーズ)
2月  ジャズ理論#2(マイナーキーハーモニーとモーダルインターチェンジコード)
3月  アドリブフレーズ#3(循環+サブドミナントのフレーズ)
4月  ジャズ理論#3(ディミニッシュコードと様々なドミナントコード)
5月 アドリブフレーズ総集編#4(フレーズを応用して様々な曲でアドリブ演奏)

参加費

4800円(税込み・資料費込み)

持参するもの

・楽器
・筆記用具
・五線譜

カリキュラム

 

ジャズの6つのコード進行パターンを覚えるだけで、ジャズの70%の曲のアドリブに役に立つジャズで必ずでてくるコード進行パターンを応用し、実際に曲に活かしていきます。日本を代表するジャズトランペッターの岡崎さんのアドリブの見本演奏と一緒に演奏し、アーテイキュレーションなど含めて、アドリブを効率よく学びたい方の実践型ワークショップ。単発でのご参加も可能です。3回をローテーションしております。過去参加できなかった人もぜひ。この回はジャズでしっかり押さえておきたい内容です。(※シリーズでも単回参加可能です。)

また、午前/岡崎好朗さんの演奏に活かす・わかる・ジャズ理論も内容が連動してますので、一緒に学ぶとわかりやすいです。(アドリブと理論は月1回で交互に開催しています。スケジュールでご確認ください。)

1回目(#1)メジャーフレーズの考え方とそれを使ってアドリブ演奏。
2回目(#2)マイナーフレーズを考え方とそれを使ってアドリブ演奏
3回目(#3)循環、モーダルインターチェンジの考え方とそれを使ってアドリブ演奏
4回目(#4)アドリブ実践会。セッションの状況でいろいろな曲でチャレンジ。

課題曲

Blues、スタンダード曲 他

J-flowからのお知らせ

(編集中)

◆申込みボタンは下記からどうぞ。
◆岡崎好朗さんのアドリブフレーズ研究(全3回)
RESERVA予約システムから予約する

 

@ジャズ(アットジャズ)今月のスケジュール


参加者の声・アンケートより

(編集中)

 

関連記事(ブログ)

(編集中)