小練習会のご案内(J-flowジャズ研・土日祝バージョン)

J-flowです。小練習会のご案内

お世話になっております。

この案内は、練習会やワークショップにご参加された方で、セッション形式での少人数の練習会がおススメだと思われる方に限定でご案内をさせていただいております。

セッションにデビューしたいという方向けに、毎月「セッション初心者アンサンブルワークショップ」「練習会セッション(ビギナー編・ステップアップ編)というメニューがありますが、

・セッションの流れがわからない、まだ慣れていない
・セッションでのコミュニケーション力が不足している(周りを聴けていない)
・演奏全体を俯瞰する力(どこを演奏しているか、誰が何を演奏しているか)
・アドリブ、音色などの演奏の楽器のスキル面不足
・ジャズの言語・表現力が足りない(エンディングパターンや定型フレーズ)

・対応できる曲数を増やしたい

これ以外にもリズムなどの様々が要素がありますが、基本、3番目の俯瞰力のある方、4番目の「基本的な楽器の演奏力・表現力」がある方は、それ以外の項目を演奏の経験値(慣れ)を積むことでかなりセッション力がついてくると思っております。

これは英会話と同じで、実際に英語の教科書、CDを使った練習など基本的な力を身に着けても、会話に慣れていないと話が続かない、思ったような会話ができないなどに近いものです。

ここでお声掛けさせていただいた方は、上の箇条項目のうちの「基礎的な演奏力(インプットされた力)」を持っていて、他の項目はセッション的な練習をすることで、慣れと対応力がついてセッションの上達が早いと思われる方です。

今の段階では、アウトプットの量を増やすことで、もっとジャズを楽しめる域に来られるのではないかという点で、小練習会という少人数・集中型のセッションをお勧めした次第です。

こうした現場力を磨く機会は、カラオケで練習するだけでは身につかないもの。

内容は、セッションの形で参加者(少人数)で2時間集中練習するものです。(大体10曲前後)

この小練習会の特徴は、演奏の土台を支えるリズムセクションには、基本サポートメンバー(初期の段階になるほど必要)を用意し、フロント(たまにピアノ)も場合によってサポートメンバー(さまざまな曲対応できる人)が入ったりします。

その人の演奏を実際に聴いて、同じレベルで必要な方をマッチングするために、誰にでもというわけにはいかないため、スケジュールにオープンにしていません。

今回設定した入門・初心枠の小練習会では、演奏曲は基本的には練習会(ビギナー編)でやった曲を中心にしますが、その時の参加者がやってもいいという曲は演奏できるようにしています。

時間は土日の10時半~12時半か13時~15時の2時間枠です。

休憩いれて、その時間で9曲から10曲をセッションの形で演奏練習します。
(演奏は練習会でやっているように1曲を最初から最後まで演奏する通常セッションスタイルです。)

参加費は4800円(2H)となります。

また、常連さんでずっと来られる方もおられますので、通常は月に数コマ用意しています。日程は月によって違いますので、個別にご案内いたします。

もしご興味ございましたら、また、ご都合がつきましたら、ぜひご参加ください。

この内容についてのお問合せなどありましたら、maderate23@yahoo.co.jpまでご連絡ください。

それではどうぞよろしくお願いいたします。

============

【追記】

練習会セッションではその段階では上記の力やレベルもまちまちな方が練習するのですが、

大体2時間でピアノ1名、フロント2名まで、他にサポート1名(主にフロント)
ホストベースとドラム(場合によりマスター)が入る場合があります。全曲みんなで曲をきめながら9曲~10曲を練習します。

この中でセッションの流れ、セッションの中のパートの役割、セッションでの
アイコンタクトなどの相互コミュニケーションや、エンディングやイントロ
のこと、バースの流れなどなどが実践で学んでいけると思います。

実際にジャズのカラオケなどで練習することも多いと思いますが、実際の
人のかかわるセッションでの演奏は慣れと経験が必要になってきます。
その部分を集中的に練習できる練習会となっております。

早い人は数回でセッションに慣れていかれると思います。
もう数年こちらがいいということで続けていかれているベテランの方まで
レベルも様々な方が参加されてますが、今回、新たに初心者向けのレベル
(初めてセッションをする方など)を対象とした枠を作りました。

日程的なものが難しいという方はま毎月やっておりますので、どこかの枠で
その日程をご案内できると思います。

Jazz Session J-Flow

ホーム