セッション初心者アンサンブル・実践強化編(関根) 

■セッション初心者アンサンブル・実践強化編【1月特別企画】

セッション初心者アンサンブルワークショップは、毎月2曲を取り上げて、アドリブについて、ルールについてなど必要な知識と曲について学び、実際に演奏し、セッションデビューを目指す方のワークショップです。
6か月でスタンダードとブルースの曲の2曲で6カ月、大体6曲を演奏していきます。

こちらのワークショップは過去、参加された方のおさらいを兼ねて課題曲を中心としたセッションを開催いたします。当店のその他のワークショップに参加された方、課題曲を演奏できるという方はご参加可能です。

このセッションは、単なるセッションではなく、セッションに参加する自信をつけるための初心者向けセッションとなっております。

■こんな人にオススメ
・過去セッション初心者アンサンブルワークショップに参加したことがある方。

・当店のワークショップを経験し、ジャズデビューしたい方。

・ジャズの経験は少ないがセッションをしていきたい方。

・課題の3曲についてアドリブ、テーマなどが演奏できる方。

■内容

それぞれのセッションの回でアドバイスを行いながら、実際にどのように演奏や練習をしていったらいいかを解説していきます。

今回、取り上げる曲は、枯葉、Bye bye blackbird、Softly As morning sunriseなどWSで取り上げた3曲をセッション形式でおさらいしていきます。

・アドリブの仕方と音の使い方、ジャズセッションのための練習方法。
・セッション練習(参加者の組み合わせ) 途中休憩&質問タイム 10分

◎時間:13:00~15:00
◎参加費:4800円
◎講師:関根耕一郎(pf、B、Ds)

◎アンサンブルワークショップでやった曲を対象として過去の参加者、または同レベルの方対象で、予約制。ピアノ3名まで、そのほかのパート6名まで(うちベース、ドラムは1名まで)

パートにつきましては人数になり次第締め切らせていただきます。
ご参加希望の方はお早めにお申し込みください。

■講師プロフィール:関根耕一郎
学生時代にロックのドラムを演奏し、プロを目指したがその後、就職。
社会人になって、ジャズのセッションの楽しさを知り、ジャズピアノ、
ジャズベースをマスターする。
初心者の方のセッションのワークショップを当店当初から担当。
多くの方がセッションにデビューするきっかけを作る。

RESERVA予約システムから予約する

関連ワークショップ:セッション初心者アンサンブルワークショップ(関根ゼミ)

Copyright 2020 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ