ブルース100本ノック。聴いて欲しいブルース

 

Cool Struttin’

Blues In The Closet
https://youtu.be/Pdwq7WUz2mA

Chasin The Trane
https://youtu.be/hCByIKYpgcs

Equinox
https://youtu.be/5m2HN2y0yV8

 

=======10月のおさらい=====

参加いただきました方に、練習用のファイルをみなさんの先輩である冨田さんが作ってくれましたので、ぜひとも練習してみてください。

また、スケールに関しての最新のデータをいただいておりますので、ダウンロードしてくださいね。

冨田さんからのアドバイスもいただいております。

ブルース・スケールの簡単な覚え方。

ペンタトニック・スケールから作ると簡単です。

1.メジャー・ペンタトニック・スケールからの作り方

1)メジャー・スケールの4番と7番を除きます。

 (4、7抜き → 「ヨナ抜き」と覚えます。)

   例)C△ … C、D、E、G、A

2)上記1)のスケールに、b3、b5、b7を加えると、メジャー・ブルース・スケールが出来ます。Cc

   例)C△ … C、D、Eb、E、F#、G、A、Bb 

 

2.マイナー・ペンタトニック・スケールからの作り方

1)上記1の1)の「ヨナ抜き」スケールを、6番から並べ替える。短3度下げる。)

   例)Am … A、C、D、E、G (言わば、「2、6   (B、F)抜き」)

2)上記2の1)のスケールにb5を加えると、マイナー・ブルース・スケールが出来ます。

(マイナー・スケールの3番、7番は、メジャー・スケールに対して既に半音下げ(b)ている。)

   例)Am … A、C,D,Eb、E、G

 

ブルースの演奏では、マイナー・ブルース・スケールを使う方が適していると思われるし、覚えるのも簡単です。

 

また、こういうことが知りたいというのがありましたらどしどしご連絡くださいね。問い合わせのところからブルース100本ノックの質問としてお問い合わせください。

スケールの参考PDFダウンロードしてください。

↓↓↓

BLUES SCALE

来月は2017年11月19日です。

 

Jazz Session J-Flow

ホーム