ボーカルのセッションワークショップ

ボーカルのためのセッションワークショップ

10月までは入門者向け講座です。11月12月は実際にセッションでボーカルで参加するための内容に入っていきます。

◆◇◆今月(10月)のボーカルWS予定◆◇◆

◆10月28日(日)10:30~12:30 ボーカルのためのセッション入門講座~初めてのスキャット2(みんなで実際にスキャッ

トをやってみます)

※1回目をでられない方でも2回目を参加することは可能です。1回目をおさらいしながら、スキャットを実践していきます。

対象:
スキャットとメロディフェイクとは何か、知りたい方。
インスト中心のセッションにも参加して、楽器演奏者とも音楽を分かち合いたい方。

内容:
シンガーにとって、スキャットは義務ではありません。歌詞を自身の歌に乗せて聞き手に伝える事が一番の役目です。
でも、楽器演奏者達がセッションで楽しそうにやっているアドリブに興味がありませんか?
また、その中に混ざって、スキャットにチャレンジしてみませんか?実は、スキャット=アドリブは、勘でやっている訳ではありません。

メロディやスキャットのフレーズは、コードトーンとスケールの二大要素で出来ています。その音楽システムに触れつつ、ジャスらしい言葉使い、メロディやスキャットラインを紹介し、その作り方や実践のヒントを伝えていきます。
また、シンガーとしても知っておきたいインストプレイヤーとその名演、名盤も紹介します。

ここでは楽器を演奏する人と一緒に、愉しく演奏できるボーカルの人のためのセッションのイロハを学びます。この内容は、セッションをメインにしていますが、発表会とかライブなどのシーンにも共通して役立ちます。長年、多くのボーカリストの歌伴奏を手がけてきた外谷先生による、演奏シーンにおけるジャズボーカル必須のノウハウをご紹介していきます。

◆講師:外谷東氏
◆参加費:4500円

◆対象:ジャズボーカルでセッションデビューを目指す入門者の方、セッション経験の少ないボーカルの方、題材曲同じ題

材の曲をつかって実際のセッションを想定して学んでいきます。

単発でもご参加いただけます。
テーマ
9月16日の1回目では、題材として、ビバップのリフ(ナウズザタイムやオーニソロジー等)を皆さんと共に歌い、ジャスっぽいフレージングのニュアンスを学びます。ここでは、シンガーとしても知っておきたいインストプレイヤーの名演、名盤も紹介しながら、理解を深めていきます。(終了)

10月26日の2回目では、題材としては、1回目同様、ビパップのリフなどを歌いながら慣れていくことと、さらにブルーノートの使い方にも触れていただきます。
具体的には、ブルースやスタンダード曲で、4バース(4小節ずつスキャットを回す)をやり、実践慣れもしていきます。

◆◇◆今後のボーカルWS予定◆◇◆

◎ジャズボーカル入門者のためのセッションの基本<1><2>【シリーズ2回】

◆日時:日曜日 10:30~12:30
◆講師:外谷東氏
◆参加費:4500円
◆2回(11月/12月)シリーズ:※単回のご参加も可能です。
◆【こんな方にオススメです】歌を慣れている方で、これからセッションデビューをしたい方○ライブは経験しているがセッションのルールはよくわからないのでもっと実践的に知りたい方。

●第一回:11月25日(日)10:30~12:30 セッションの基本<1>

内容:先生のベースラインで歌う。実際のベースで歌うジャズの基本を知り、そこにどうノリを作りながら、なおかつロストしないか。ジャズにおけるベースの重要性を理解。今回は、ずばり、リズムです。

皆さんの最も悩みどころではないでしょうか。スイングって? ボサノバは? 2ビート、4ビート? バラードはどう乗るの?

実は、教則本には載っていない、リズムの基本と、ビートという事の理解がとても大切です。講師の私(外谷)の実際の伴奏で歌って頂き(有志)、体感していきます。
また、同じ曲を、スイング、ボサノバ、わるつを4ビートに、弾むバラードと弾まないバラード、等、リズムを変えて歌い、理解を深めます。【取り上げる曲】ナイト・アンド・ディ/
酒と薔薇の日々/フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン/嘘は罪/
サムワン・トゥ・ウォッチ・オーバー・ミー
PS  歌う事は必須ではありません

●第二回:12月16日(日)10:30~12:30 セッションの基本<2>

内容:ントロ・エンディングがよくわからない。実際の演奏の中でどう終わるのか、曲のパターンを読み解く。ジャズでセッションをによくでる曲を中心にさまざまなイントロ、エンディングを解説。

メロディフェイク、スキャット、リズム、いよいよ実践する為のワークショップです。様々なリズム、テンポを想定した、実際の伴奏に乗り、歌います。
テンポ出し、イントロからコーラスに入る場面、ソロの聞き分けや理解、エンディングのバリエーション等、セッションで戸惑わない為に、パターンを学んでいきます。

●講師プロフィール
ジャズ・ピアニスト 外谷 東(とや とう)
1963年兵庫県生まれ。5才より、クラシックピアノを始める。大学時代、ジャズと出会い、ジャズピアニスト田村翼氏に師事、ビ・バップを基本に、黒人のオーソドックスなジャズピアノを学ぶ。19才でプロ入り、ダンスバンド、ホテルラウンジ、ジャズクラブ、タレントのバックバンド、レコーディング等、あらゆる演奏、作曲、アレンジを手掛ける。ボーカリストとの共演も多数、その信頼も厚い。
さいたま新都心ジャズボーカルコンテストの第1回~全ての伴奏を勤める。マーサ三宅、後藤芳子他、多くの共演経験有り、

現在は、三槻直子との共演、ボーカルセッションホストも様々なライブハウスでつとめている。

 

RESERVA予約システムから予約 する

Jazz Session J-Flow

ホーム