◆緑川英徳(As)氏・プロフィール

小学生の頃サム・テーラーのムード・テナーにしびれ、サックスを始める。中学生のとき耳にしたアート・ペッパーの影響からアルト・サックスに没頭するようになる。アルト・プレイヤーを独学で研究し独自のスタイルを築いた。
現在、サキソフォビア、池田芳夫Dadaバンド等様々なフォーマットで活動中。5冊の模範演奏CD付教則楽譜が続けて出版され好評を博している。2009年8月に初のリーダー作となるアルバム”You Must Believe In Spring”(Mock Hill Records)をリリース。

Copyright 2019 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ