【特別開催】9月のJ-flowアンサンブル&アドリブ強化企画のご案内

いつもご参加いただき、ありがとうございます。

小練習会や練習会にご参加の方にお声をおかけしています。
これら練習会は、セッションでの演奏や曲に慣れていただくという目的で、演奏だけを中心に開催しておりますが、そうした演奏に慣れてくるにつれて、自分のパターンに気づき、それ以上の展開をどうすればいいのかと迷いがでてくる方もおられます。

時間枠内ではどうしても演奏に関する”より深いアドバイス”は難しいところがあるため、当店では「実践アンサンブルワークショップ(外谷先生)」というメニューをご用意しおススメしております。
しかしながら、初心~初級者のステージの方々には、共通した問題点があるように思い、そのような課題点にフォーカスしたワークショップを急遽開催するに至りました。

今回、ワークショップは少人数で開催する予定です。

この案内は特定の方に先行してご案内しておりますが、
人数になりましたら締め切らていただきますことをご了承ください。

下記、内容をご覧いただき、ご興味ございましたら、ぜひご参加
お待ちしております。

なお、【お問い合わせ、お申込み】は
「9月〇日のワークショップについて」というタイトル
をつけて直接、maderate23@yahoo.co.jpにお願いします。

それではどうぞよろしくお願いいたします。

==========================
特別開催:9月のJ-flowアンサンブル&アドリブ強化企画
==========================

【①アドリブ企画】
■9月18日(土)午前
『セッションアドリブ・リメイク~Before & Afterワークショップ(仮称)』
========================

対象:普段J-flowの練習会に参加されている方で下記の閉塞感を感じている方
にお勧めです。

・ソロコーラスはやり切れるけど、一つ一つのフレージングに自信が持てない方。
・今よりも落ち着いてアドリブを演奏できるようになりたい方。

内容:アドリブで普段自分が演奏しているフレーズや、頭の中にあるアイデアに焦点を当てて、見直していくことで、普段何気なく繰り出している自分のフレーズに一段深みを増して、より説得力のあるアドリブ演奏ができるようになることを目指します!

進み方:
①まず、曲をセッションします。
②プレイバックを全員でで一緒に聴きます。
③曲の一部(4〜16小節程度)を抜き出して、自分の演奏したフレーズを楽譜に起こしてみます。※

※演奏中には色々なことが起こるので、「本当はこういう風に演奏したいのではなかった」というポイントがあるかと思いますので、どのタイミングで/どのように想定外になってしまうのか、わかることも大事な気づきになると思います。何が何でも全部を書き起こさなくても大丈夫です。

④曲の同じ箇所に対して、「自分がもしアドリブフレーズをゆっくり考える時間があるなら、どんなフレーズにするか」を考えて楽譜に起こしてみます。サポート役が回らせていただきますので、不明点があれば一緒に考えましょう。
落ち着いてフレーズを準備できるので、どんなニュアンスで演奏するのがよいか、等も考えていきます。

⑤最後に、同じ曲をもう一回セッションしてみます。アイデアをブラッシュアップした状態で、思い描いたフレーズを実践で使ってみましょう。
(⑥フィードバック)

ご持参するもの:(楽器以外で)
・筆記用具
・録音ができるもの(スマホなどで録音できればokです)

日時:9月18日(土)10時半~12時半(予定)
参加費:4800円
講師:煙上裕人(Ts)
サポート:白幡真都(B)

==========

【②アンサンブル企画】
=============
■9月20日(日)午後/13:00~15:00(予定)
『セッション・パフォーマンス・クリニック~自分の演奏の壁をどう超える?(仮称)』
=============

対象:普段J-flowの練習会に参加されている方で下記の閉塞感を感じている方
にお勧めです。

・自分の演奏が他のパートの方にどう思われている(迷惑をかけていないか等か不安な方。
・セッション演奏で自分はどう対応したらいいのかわからない部分が多い方。

内容:
アンサンブルの中で自分の演奏が他のパートの方、ドラムやベース、ピアノやフロントの方に迷惑をかけていないかとか気になるという声はよく聴きます。
セッションは音による会話です。相手の声を聴き、また一方で自分の伝えたいものを意思表示するという中で演奏が組み立てられていくところが面白いのです。演奏を作業的にこなすのでなく、面白がれる発信と受信でやりとりをできることを目指します。そのためにも、こういうアクションやフレーズにどんな意味があるか、またそれに応えるためには何をするのかを演奏に活かすポイントを具体的にアドバイスしていきます。

アンサンブルアドバイス例
〇ピアノ・・・コンピングの仕方(フロントやベースソロ時の伴奏)、イントロ、エンディング、リズムセクションのリズムの共有化など。
〇フロント・・・テーマの歌い方、オブリ、ピックアップ、イントロの出し方、エンディング、バースでの盛り上げ方など。

 

進み方:
①まず、曲をセッションします。

②講師やサポートメンバーによる、演奏面でのもっとこうすればよくなるという具体的にアドバイスと演奏。その際に、ベースやフロント奏者、ピアノ、ドラムの頭の中を解説、それに対してのアドバイス。

③同じ曲を演奏し、確認。

演奏曲:小練習会や練習会で演奏される曲を数曲。
参加の方には曲名をご連絡いたします。

ご持参するもの:(楽器以外で)
・筆記用具
・録音ができるもの(スマホなどで録音できればokです)

日時:9月20日(祝)13時~15時(予定)
参加費:4800円
講師:櫻井
サポート:煙上裕人(Ts)& 舟城健人(B)

 

Jazz Session J-Flow

ホーム