ステップアップピアノ資料(伴奏の事前資料)参加者用<2019年版>

ジャズピアノのステップアップ練習会の流れです。大きく分けて3つの役割(ステップ)がありますが、それぞれの中でもステップを分けています。

また、ピアノの人はリズムセクションとしての役割もあるため、俯瞰して全体の演奏者の演奏を聴く意味で、ピアノを演奏している以外にも、ベース、フロントとしての演奏をやっていただきセッションの形で練習していきます。このワークショップは、下記のような流れで学んでいきます。

【注意】各月の課題曲の資料は一番下でダウンロードできます。この弾き方でなく、ご自身の押さえ方がある場合は、とくにこの資料にこだわりません。ベースラインのみダウンロードしてお持ちください。

◆◆◆◆◆毎月のカリキュラム◆◆◆◆◆

1.バッキングのステップ

【Step1】ジャズらしいコードの押さえ方を学びます(7月)

ピアノの重要な役割は、フロント奏者などのバックでバッキング(伴奏)をする部分。コードをどのような音を使い演奏しているのか、そのハーモナイゼーションの基本の考え方を学び、実際にセッションの状況を想定し、演奏練習していきます。(曲は2曲●F Blues●Bye Bye Blackbird)

【Step2】バッキングのリズムパターンを学びます(8月)

コードの音をどのタイミングで入れていくのか、ジャズのリズムに沿った演奏をするためのリズムの考え方を学び、実践形式で演奏練習していきます。(曲は2曲●酒バラ●Fly Me To The Moon)

2.アドリブのステップ

【Step1】メロディを使ってアドリブをしていきます(9月)

メロディに沿いながら自由にアドリブをしていくヒントを紹介していきます。曲のメロディを大事にしていくことはとても大事です。そこからアドリブへ発展させていく方法で、とにかく楽しくジャズアドリブに触れる第一歩となります。(曲は3曲●酒バラ●Fly Me To The Moon●Bye Bye Blackbirdから)

【Step2】ジャズらしい音づかいに迫ります(10月)

ジャズに聞こえるには、ジャズらしい音を使うこと。それをどこに入れるのかどのタイミングに使うのがというのも大事です。コードやスケールという視点から、ジャズアドリブのアプローチに迫ります。Step1よりジャズらしい響きを感じてください。(曲は3曲のうち●酒バラ●Bye Bye Blackbird)

【Step3】よりジャズっぽいフレーズを使っていきます(11月)

ジャズによくでてくる慣用句的なフレーズを使いこなすことで、よりジャズぽいダウンドになります。やみくもにサウンドを増やすのではなく、効果的に演奏に反映していくことと自分のフレーズとのバランスをとっていくことが大事です。(曲は3曲のうち●酒バラ●Fly Me To The Moon)

3.イントロ&エンディングのステップ

【Step】イントロ・エンディングの考え方と実践(12月)

ピアノの重要な役割としてイントロとエンディングがあります。いくつかの基本パターンを学び応用していきましょう。今までやったすべての曲を一通りおさらいしていきます。

(曲は4曲から●F Blues●酒バラ●Fly Me To The Moon●Bye Bye Blackbird)

========

◆ピアノ資料(伴奏についての事前資料)ダウンロード用

※ピアノ伴奏(左手については)は、ご自身ができる範囲で大丈夫ですが、どうしても押さえ方がわからない方は下記にファイルをご用意いたしました。ダウンロードしてください。

●酒とバラの日々

酒バラ Comp1(簡単なコンピング)

酒バラ Comp2(少し難しめ)

酒バラBass (ベースライン資料)

●Fly Me To The Moon

Fly Me To The Moon Comp1 swing (簡単なコンピング)

Fly Me To The Moon Comp2 Swing(少し難しめ)

Fly Me To The Moon Bass (ベースライン資料ボサノヴァ)

Fly Me To The Moon Bass Swing(ベースライン資料スィング)

Bye Bye Blackbird

bye bye blackbird Comping1 (簡単なコンピング)

bye bye blackbird Comping2(少し難しめ)

bye bye blackbird Bass (ベースライン資料)

●Blues(F)

Now_s the time comping(コンピング)

Now’s the time bass (ベースライン資料)

※PDFファイルは自宅のパソコンからに上記ソフトをダウンロードしてから、お使いください。上記のファイルをそれで開いてください。

======

●参加者用予習&復習のページ

 

Copyright 2019 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ