思わずジャズをアンサンブルで歌いたくなる。あのエラのコラボが楽しい!

ジャズボーカルと言えば、バックにミュージシャンがついて歌うというイメージですね。

素晴らしいボーカリストの声は、もう最高の楽器。他のどんな管楽器奏者もかないません。

 

ジャズの有名どころでは、スキャットの女王エラ・フィッツジェラルド、フランクシナトラ、サラボーン、ナットキン グコールアニタ オデイ、ヘレン・メリル、カーメン・マクレエ  などなど・・・名前をあげたらきりがないくらい、数多くのボーカリストがいます。

 

そんなジャズのボーカルは本当に心を癒してくれる最高の音楽。

憧れます。あんな風に歌ったら楽しいだろうな。。。

 

でも、まだまだそこまで歌に自信がないし、

歌を知らないし、ましてやセッションなんて無理。

 

でもジャズの歌を歌ってみたい。。。

 

そんな方のために、今回、ジャズボーカルもうひとつのスタイル、アンサンブルでのユニットのワークショップを開催します。

 

これは、ボーカル数人でジャズの曲を歌おうというもの。

「ボーカルユニット」とは、ボーカル数人で構成されているユニットのことです。

たとえば、ご存じかもしれませんが、「マンハッタントランスファー」という有名な男女4人のボーカルユニットがあります。

たとえば、こんな感じでジャズの曲を歌っています。

◆ルート66(The Manhattan Transfer ‘Route 66’ | Live Studio Session)

 

さらに、あのエラが彼らに加わりスキャットをしているという動画も。

◆How hight the moon(Ella Fitzgerald & Manhattan Transfer – How High The Moon)

演奏は0:51から、エラが途中からスキャットで参加。

 

最初からすごいレベルのことは無理でも、皆で一緒に歌うことでジャズに大切なリズムの意識が強くなったり、コード感が養われたり、歌の楽しみが一層広がります。

 

また共同でひとつの曲を演奏するために、達成感も人数分以上に味わうことができるのです。

そこで、この7月8月、J-flowではジャズボーカルをアンサンブルで楽しむボーカルユニットの入門編(体験コース全2回)で1曲を仕上げて皆で歌うグループレッスンを開催します。

参加条件は特にありませんが、確実に2回ともご参加できる方に限ります。

 

なお、講師は、ご自身もボーカルユニットで活動され、多方面のボーカリストを指導・育成されている藤野美智代先生です。

 

楽譜が読めなくても、音程やリズムをぶれにくくする発声の基礎や、Swingする歌声につながる英語の発音などから、初心者の方にも、分かりやすく丁寧に指導して頂けます。

 

まずは悩まず、気の合う仲間を誘って気軽にワイワイ飛び込んでみませんか?

===============

アンサンブルでジャズを歌おう!!

~ボーカルユニットで未経験でも楽しくジャズ。(体験入門コース・全2回)

まずは初心者でも歌える、簡単なスタンダード曲1曲を歌えるようにします。

最後は皆で1曲アンサンブルを完成させ歌います。

※こちらでヴォーカルスコアをご用意いたします。

◎参加条件:未経験でも大丈夫ですが、確実に2回ともご参加できる方に限ります。

◎参加費(2回分): 9,000円(税込)<1回あたり4500円>※初回にお支払い下さい。

◎開催日:

1回目:7月20日(木) 14:30~16:30(約2時間)

2回目:8月10日(木) 14:30~16:30

 

◎講師:藤野美智代先生

※レッスンや講師プロフィールの詳細、および申し込みはこちらのリンクから。

 

 

 

 

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ