【初めてのジャズ理論17】アッパーストラクチャートライアド

アッパーストラクチャートライアド

アッパーストラクチャートライアド

(Combination of diminished& Altered scale)

アッパーストラクチャートライアドとは、

スケールの中の音で構成されるテンションを含むトライアド(3和音)のことをいいます。

今回はcom dim(コンディミ) スケールとオルタードスケールを中心に見ていきます。

なぜアッパーストラクチャートライアドを学ぶのか?

テンションの入ったトライアドを使うことで、

簡単にカッコいいアドリブが作れるからです。

これらを応用することでドミナント7thコード(◯7)での演奏できる可能性が何倍にも広がります。

Combination of diminished scale(コンビネーション オブ デイミニッシュ スケール)

(半音/全音 音階)

scaleの度数

【1-(♭2)-(#2)-3-(#4)-5-6-(♭7)】

✳︎表記【(2=9)( 4=11)( 6=13)】

このスケールは、

(♭9)( #11) (13)のテンション

なのでナチュラルテンションとオルタードテンションの中間くらいにあります。

そしてこのスケールは、半音と全音が交互にくるため♭3度音程で=(イコール)になります。

つまり三種類の形しかありません。

C (com dim)(C  D♭ E♭ E  F# G  A  B♭ C)

D♭(com dim)(D♭ D E  F G  A♭ B♭ B D♭)

D7  (Com dim)(D  E♭ F  G♭ A♭ A  B  C  D)

ビルエバンス ハービーハンコック含め、

ジャズの巨匠が演奏するようなモダンな音使いもこのスケールで作り出せます。

Altered scale (オルタードスケール)

Altered scaleの度数は

【1-(♭2)-(#2)-3-(#4)-(♭6)-(♭7)-1】

✴︎(2=9. 4=11. 6=13)

C   (C  D♭ D# E  F#  A♭  B♭ C)

F (F G♭ G# A  B D♭ E♭ F)

B♭(B♭ B C# D E G♭ A♭ B♭)

E♭(E♭ E F# G  A B D♭ E♭)

A♭(A♭ A B C D E G♭ A♭

D♭ (D♭ D E  F G  A  B D♭)

G♭(G♭ G  A B♭ C D E G♭)

B(B C D D# F G A B)

E(E F G G# A# C D E)

A(A B♭ C C# D# F G A)

D(D  E♭ F  F#  G#  B♭ C  D)

G(G A♭ A# B C# E♭ F G)

これらのスケールを有効に使う方法を扱います。

  • アッパーストラクチャートライアドの使い方がわからない
  • テンション感のあるモダンなサウンドのアドリブをしたい
  • オルタード コンディミ スケールをもっと上手く使いたい
  • ◯7コードに対して 簡単に演奏出来るフレーズの引き出しを格段に増やしたい

こんな方にオススメです

必要トピック

音程がわかること

3和音と4和音

✳︎スケールを知ってること(覚えてなくても大丈夫です)

オススメワークショップ

アドリブ実践ワークショップ
岡崎好朗さんと遊びながらアドリブ練習会

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ