6/7(木)至極のテナー&ソプラノサウンド!山中良之セッション♪

★6/7(木)至極のテナー&ソプラノサウンド!山中良之セッション♪

山中良之(ts.ss)留松里詠子(pf)河口洋平(b)

19:00~23:00  2100円+オーダー【ピリ辛度:2】

山中良之さんは、大学時代にジャズに出会い、市川 修(p)カルテットでデビュー後.’78,’98,’99,01’年渡米。井上 智(Gt)、ケイコ・リー、HARMAN FOSTER、JIMMIE SMITH、JUNIOR MANCE,BARRY HARRIS, JIMMY SCOTT,EARL MAY.CHARLES THOMPSON.JIMMY SLIDE .AL GRAYなど数々の共演で有名です。

代表アルバムは、ペンタトニックレコード「DREAMIN’」「RHAPSODY」、米オリジンレコード「GREAT TIME」,「WITH BARRY HARRIS TRIO」からリーダー作を発表しています。

そのほかにもNHKセッション505の出演や、’99’03 スイングジャーナル誌読者人気投票テナーサックス部門3位、’02ソプラノサックス1位 、「DREAMIN’」アルバム部門4位の日本を代表する実力派テナー&ソプラノ奏者。太く暖かいトーンで国内外にも多くのファンとボーカルのサポートは比類なく美しいと評判です。

薬学部と出身という異色のサックス奏者として、黒人の音と日本人の音を解剖学的な研究から山中さんの独自のサウンドが誕生しているのです。

しかも探究心旺盛な性格からか、サックスの調整や、自身のマッピブランドを作ってしまうほどの方。

演奏もさることながら、第一人者でありながら、そこらへんにいるおじさんくらいの気さくな山中さんの人柄、キャラクターの虜になってしまうはず。山中さんを知らない方も、ぜひ一度セッションに遊びにきてください。

【お知らせ】山中さんセッションの前時間に個人レッスンも受け付けております。ご興味のある方はお問い合わせください。

【ピリ辛度:2】

ホストの圧倒的な演奏にいい刺激をうけるセッション。かといって、怖いセッションというのではなく、参加者の演奏をやさしくサポートしてくれます。これからセッションをやりたいと思う人にとってもホストの演奏はとても勉強になるはず。演奏してもリスナーとしても初級者から上級者まで楽しめるセッションです。

【セッションガイド:その4】             初心者の方には早い段階でセッションにも出ることをオススメしています。ライブを聴きにいくことは大切ですが、ライブでは、セッションでやる曲よりオリジナル曲の場合も多いので、一流のプロの演奏者が、セッションで良く出る曲をどのように演奏するのかもとても参考になります。

 

コメントは利用できません。

Copyright 2018 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ