【初めてのジャズ理論9】セカンダリードミナント

セカンダリードミナント

セカンダリードミナントとは、7つのダイアトニックコードに対してそれぞれの完全5度上にあるドミナントコード(◯7)のことです。

ダイアトニックに向かう引力をもった全部で7つあるドミナントコードです。

キーが Cの時ダイアトニックコードは、

CM7 Dm7 Em7 FM7 G7 Am7 Bm7-5

セカンダリードミナントはそれぞれの5度上の

G7 A7 B7 C7 D7 E7 F#7

度数にすると

【Ⅴ7 Ⅵ7 Ⅶ7 Ⅰ7 Ⅱ7 Ⅲ7 #Ⅳ7】になります。

セカンダリードミナントの分類

セカンダリードミナントは、2種類で分類します。

5度下の解決先のダイアトニックコードの3度の音が、

メジャー(3)に解決するものを【△マーク】

マイナー (♭3) に解決するもの【□マーク】

キーCでA7の時

ダイアトニックコードのDm に向かうと想定されるので

【□マーク】分類

キーCでD7の時

ダイアトニックコードのGに向かうと想定されるので

【△マーク】分類

セカンダリードミナントのスケール

セカンダリードミナント(◯7)の5度下の解決先のコードが使えるスケールを【△マーク】の時はメジャースケールと想定する

キーCで、D7のとき

D7はGに解決すると想定(解決先は3和音で考えるとわかりやすいです)↓

G メジャースケールを想定する↓

D7でGメジャースケールを弾く↓

D7のルートからGメジャースケールを弾く↓

これがD7のとき使える

D mixolydian scale (1-2-3-4-5-6♭7)です。

△マークのときmixolydian scale(mix)

(1-2-3-4-5-6-♭7)

【□マーク】の時は

クラシックの基本の3つのマイナースケールの中から

◯ハーモニックマイナースケール

(1-2-♭3-4-5-♭6-7)(和声的短音階)か

◯メロデックマイナースケール

(1-2-♭3-4-5-6-7)(旋律的短音階)

の2つのどちらかに想定します。

×ナチュラルマイナースケール自然短音階は

(1-2-♭3-4-5-♭6-♭7)

♭7の音がコードと合わなくなるので使いません。

【□マーク】

ハーモニックマイナースケールを想定の場合

キーCでA7の時

5度下の解決先のDmの時のスケールをハーモニックマイナースケールを想定↓

D ハーモニックマイナーをA7で弾く↓

A7のルートからDのハーモニックマイナー↓

A harmonic minor perfect 5th below

(1-♭2-3-4-5-♭6-♭7)

(ハーモニックマイナー パーフェクト フィフス ビロウ)

これにスケールが滑らかに聞こえる(#9の音を足して(HMP5B)+(#9)

✳︎(#9)=(#2)

(1-♭2-#2-3-4-5-♭6-♭7)で覚えるのをオススメしてます。

【□マーク】

メロデックマイナースケールを想定の場合

も同様の方法で

mixolydian(♭6)scale(mix(♭6))

(1-2-3-4-5-♭6-♭7)

✳︎(♭6)=(♭13)

が導きだせます。

✳︎追記

【□マーク】が、comdim scale やAltered. Scaleなどに発展していきます。

スケールを導き出すステップ(→の方向)表

スケールを導き出すステップ

まとめ(大事なポイント)

Step-1

セカンダリードミナントを見つけること

キー(調性)に対して

【Ⅴ7 Ⅵ7 Ⅶ7 Ⅰ7 Ⅱ7 Ⅲ7 #Ⅳ7】

Step-2

2セカンダリードミナントを2種類に分類すること

【△マーク】

【(Ⅴ7)(Ⅰ7)(Ⅱ7)】

【□マーク】

【(Ⅵ7)(Ⅶ7)(Ⅲ7)(#Ⅳ7)】

Step-3

分類により、そのとき使えるスケールをわかること

△(三角)マークの時は

mixolydian scale   (mix)(1-2-3-4-5-6-♭7)

【□マーク】の時は

Hmp5b scale+(#9)

(1-♭2-(#2)-3-4-5-♭6-♭7)

mixolydian(♭6)scale (mix(♭6))

(1-2-3-4-5-♭6-♭7)

のどちらかを(その時のメロディーや好みで)選びます。

12キーで練習しておくと、セカンダリードミナントで迷わず演奏出来るようになります。

探したスケールから使えるテンションも解ります。

【△マーク】【(Ⅴ7)(Ⅰ7)(Ⅱ7)】の時

テンション(2-6)=(9-13)

【□マーク】【(Ⅵ7)(Ⅶ7)(Ⅲ7)(#Ⅳ7)】の時

テンション (♭2 ♭6)=(♭9 ♭13)

テンション (2 ♭6)= (9 ♭13)

テンション

テンション

セカンダリードミナントの分類とスケールを探しだせるようにして下さい。

オススメワークショップ

アドリブ実践ワークショップ
岡崎好朗さんと遊びながらアドリブ練習会

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ