小グループ練習会セッション参加者の声(旧)

ここでは、小グループ練習会セッションに参加された方のメールでいただきました声をご案内していきます。

最初は、ピアノの方です。セッション初心者アンサンブルワークショップに来られて、それをきっかけにご参加

された方です。※個人情報にあたりますので、お名前は仮名とさせていただきます。

=====================================

杉山京子(仮名)さんからのメッセージ 

参考音源とアドバイスをいただきありがとうございます!

J-Flowのワークショップや練習会に通う前に比べ、とにかく音を出せるようになったことは自分でも驚きの進歩でした。でも、上達するために次は何をすればいいのかを考え始めてもいました。

ピアノはアドリブの他に、コードもイントロもエンディングも・・・どれも少し手をつけては、ほとんど進歩もせず今日にいたっております(>_<)

教えていただいた優先順位にそって、まずはひとつずつクリアしていきたいと思います!

(送っていただきました参考音源のリストも、)今まで勉強のためにと聴いてきた音源は、ほとんどピアノです。もちろん、ピアノが一番好きなのですが、他の楽器もヴォーカルもすばらしいものがたくさんありますよね!他の楽器もいろいろ聴いていきたいと思います。

 練習会メンバーは、本当にノリがいいというか気が合うというか、集まって練習したりライブに行ったりという企画がどんどんあがってきています。JAZZが好きで演奏も好きでという人たちと一緒にいることは、本当に楽しいですね!

 シルバーウィークは帰省するのですが、仕事をしているときより時間はあるので練習をがんばりたいと思います。

 では、また次回の練習会かワークショップで、よろしくお願いいたします!!(ここまで)

===========================

当店からは私たちのわかる範囲、できる範囲でアドバイスさせていただいています。メールをいただいて、

気付いたことなどもメッセージさせていただくことがあります。

=========================

(当店からの杉山さんへ宛てたメッセージ) 

杉山さん、 こんばんは。とてもうれしいメッセージありがとうございます。

そして、あ、なるほどと思うことがあって、メールいたしました。

ピアノの音源を聴くことはとても大事です。でも、それだけではなく、ボーカルや、管楽器の入った音源を聴いていただきたいことを補足しておきますね。

というのはジャズというのは英語です。英語のリズム、ノリがあります。たとえば、This is  a  pen を、日本語のようにディス イズ ア ペンとひとつひとつ音を区切って発音しても英語に聴こえません。

つまり、そこには英語らしいイントネーションがあるのです。

 これがジャズの根底に流れているリズムに通じます。なので、そのリズムを身につけるとしたら、ボーカルものを聴く、そしてできるところは一緒に歌ってみることがリズムを身につけるのには役に立つのです。

そして、管楽器の演奏を聴く、これは管楽器はどうしても息を継がなければなりません。その息継ぎの中でいいフレーズ、ジャズらしいフレーズが生まれてきます。

 ピアノやギターは演奏しようと思ったらどこまでもダラダラ演奏できる楽器です。でも、音楽であればはやりひとつのまとまりのフレーズ感が必要です。

 そのホーンライクに演奏するというのが管楽器を聴くことがとても勉強になります。また、これは改めてご案内していきますね。頑張ってくださいね。次回よろしくお願いいたします。

=====================

小グループ練習会セッションは、本当に身近にその人の演奏に寄り添うものです。ですから人数も限られてしまいますが、おひとりおひとりの演奏を聴きながら、アドバイスできることもその場でできるので本当に上達されていくことを目の当たりにできるのがとても嬉しいです。そして継続的に参加されている方には、その人ひとりひとりの上達に合わせて、必要なことをアドバイスしていくこともやっております。

コードも演奏も何もわからなかった自分が実際に上達をしてきた方法でもあり、その中でもっとこうした方が上達が早かったなというものをワークショップでいろいろ考えながら、やってきています。

ここ数年、ワークショップに参加されて練習会にも来られている方々が確実短期間で演奏レベルがあがっていることを実感するこの頃です。また、それが私たちの喜びでもあります。

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ