【初めてのジャズ理論4】ドミナントモーションとツーファイブ

ギター

ドミナントモーション と Ⅱm7-Ⅴ7

ドミナントモーションは、コード進行の最も重要なもので、アレンジやスケールを探す時にも知っていると役に立ちます。

ドミナントモーションとは

主音に対して5度上にあるドミナント7th コード(◯7)が、5度下の主音のコードに解決する動きのことをいいます。

主音をCとしたとき

5度上(半音7個上)はG

この音をドミナント7thのコードの形(◯7)にしてG7→C

この→の動きをドミナントモーションといいます。

G7の(3度と7度の ファ シの#4音程)(緊張)が、Cの(ミ ドのM6音程)に解決(緩和)する動きです。

なぜこれを知っておいたほうがいいのかというと、音楽的に最も重要な進行で 理論的にもスケールを導きだすのに必要だからです。

ドミナントモーション

Ⅱm-Ⅴ7(ツーファイブ)

Ⅴ7をⅤ7の4度下(半音5個下)のⅡm7を見つけ出して2つに分けたりすると、Ⅱm7-Ⅴ7(ツーファイブ)というジャズではよく出てくる進行を探し出せます。

ドミナントモーション Ⅱm7-Ⅴ7(ツーファイブ) をゆっくり探し出せるようにしてください。

Ⅱm7-Ⅴ7ツーファイブ

オススメワークショップ

アドリブ実践ワークショップ
岡崎好朗さんと遊びながらアドリブ練習会

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ