【初めてのジャズ理論11】Dim(ディミニッシュ) コードのスケール

トランペット

ドミナントセブン(♭9)に置き換え可能なもの(置き換えると仮定したとき次のコードが5度下に解決している時)とそれ以外で、分類します。

◯7(♭9)に置き換えれるものは、置き換えたセカンダリードミナントのスケールを適応させます。

キーCで、C-C#dim-Dm7-G7 のコード進行の時

C#dimはA7(-9)に置き換えたときDmに解決するので置き換え可能なので

C#dim をA7(♭9)に置き換えれる。

A7のスケール【 □マーク】

HMP5B+#9 スケールがつかえます。

✳︎Mix(♭6)スケールは (9)なのでここでは使用できません

それ以外のdim コードは、キー(調性)のメジャースケール+コードトーンで作ったスケールで導きだせます。

キーCで Em- E♭dim- Dmのコード進行の時、

E♭dimコードは置き換えれない通過するディミニッシュコードなので

Cメジャースケール+コードトーン(E♭ G♭ A C)の

(CDE♭EFG♭GAB)のスケール

もしくは

コードのルート音からのDiminished scale(全音と半音が交互にくる全部で3種類しかないスケール)で探します。

この場合、

E♭diminished scale

(E♭ F G♭ A♭ A  B C D E♭)

を使います。

✳︎Diminished scale をつかうと

キーのメジャースケール+コードトーンのスケールよりも、少しテンション感のあるサウンドになります。

Diminished scale

ディミニッシュコードもこれら3つの方法を使ってスケールを探し出して下さい。

オススメワークショップ

アドリブ実践ワークショップ
岡崎好朗さんと遊びながらアドリブ練習会

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ