【セッションで演奏される曲3】All The Things You Are 君はわがすべて

All The Things You Are  君はわがすべて
作詞 Oscar Hammerstein II/作曲 Jerome Kern 1932年

1939年ミュージカル「5月にしては暑すぎる」の中の一曲でしたが興行的には失敗。

その後このミュージカルは『ブロードウェイ・リズム』という映画になり、そのオープニング・クレジットの音楽として使用され、当時人気のあったトミー・ドーシー楽団、アーティ・ショー楽団などで演奏されるようになりヒットしました。

ジャズ・ミュージシャンの中でもチャーリー・パーカーはこの曲を好んでよく演奏したといいます。

『チャーリー・パーカー・ストーリー・オン・ダイアルvol 2』の「バード・オブ・パラダイス」は All The Things You Areです。

ブルーノートの名盤『ブローイング・セッション』ではジョニー・グリフィン、ハンク・モブレー、ジョン・コルトレーンのテナ-サックスの熱いバトルが聞きものです。

パーカー、ディジー・ガレスピー、バド・パウエル、マックス・ローチなどがそうそうたるメンバーが集結した『ジャズ・アット・マッセイホール』での演奏、ピアノのキース・ジャレットやギターのジョー・パス、、テナー・サックスの巨匠ソニー・ロリンズなどなど名演奏をあげているときりがないですね。

1999年NYのヴィレッジ・ヴァンガードでのブラッド・メルドーのライブ録音、『アート・オブ・ザ・トリオ Vol.4:』の7拍子の演奏は斬新でとてもスリリングです。

普通のスタンダードは32小節ですがこの曲は36小節、転調が多くアドリブ心をそそられる曲でもあります。

定番のイントロとエンディングを演奏するミュージシャンも多いですね。

ちなみにこのイントロ、パーカーがラフマニノフのプレリュード「鐘」からインスピレーションを得てつけたとか。

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ