東京駅から8分。J-flowはこんなお店です。

「社会人になったら、仕事で思うように演奏する時間が取れない」 「一緒に演奏していた仲間との時間調整が難しく、演奏する機会が減った…」などなど時間が自由になる学生時代と違って、社会人になると音楽仲間と演奏する機会が少なくなるもの。 一方で、憧れだった楽器を始めたが、一緒に演奏できる仲間を探すのが大変な社会人にとっても、悩みはつきません。
J-flowは、そんな大人のアマチュアミュージシャンが集うJAZZのセッションスペースです。ほぼ毎日が、セッションデー♪。ここに来れば、音楽の仲間やホストミュージシャンがいて、いつでも気軽に演奏を楽しめる、家と会社の間のちょっとしたリトリート(隠れ家)です。また、そうしたセッションでの対応力を磨くためのさまざまなワークショップなども充実しています。
「思い立ったら演奏できる、気軽に演奏が聴ける。」J-flowはJAZZをこよなく愛する人たちに、そんなささやかな毎日の楽しみをお届けします。

店名の由来

演奏が好き、聴くのが好き、ただ無心に、純粋にJAZZを愉しむ人たち。そんな人が集うセッションの店にしたい。私たちの原点はそこでした。 店名にある、「フロー」というのは、心理学用語で「その状態に没頭し、自分の最大のパフォーマンスを引き出す」という意味があります。人によく聴かせたい、人から認められたいというものでなく、ただただ無心に音楽の流れに任せ、自分の演奏にワクワクする。セッションの愉しみは、そうあって欲しいという願いからJAZZのJとあわせて、J-flowと名づけました。
かって箱伴を終えたジャズマンたちが、仕事の後になにげに始めたアドリブ演奏。おのおのが自由に演奏し、そのソロが終わったら、ソリストに頑張ったという拍手を送ったのがセッションの始まりだとか。上手下手に限らず、それぞれの演奏者の精いっぱいの表現を大事にしていきたいと私たちは考えます。

J-flowに来られる方はこんな方々です。

【年齢層】

下は小学生の学生から、20代~50代の社会人と幅広く、上は60代から70代の方までさまざまな世代の方は来られます。世代を超えて皆で音楽を愉しむのがセッションの魅力といえます。

【楽器パート】

サックス、トランペット、フルートといった管楽器や、ピアノ、ギター、ベース、ドラムの他、バイオリンやハモニカ などの楽器も。もちろんボーカル※も大歓迎です。 ※ボーカルの方はご自身の歌われる譜面を数部お持ちください。

【音楽歴】

学生時代にジャズ研にいたという方から、吹奏楽部やほかのジャンルを経験した方、また社会人になってジャズや楽器をはじめたという方まで、楽器歴はさまざまです。これからセッションをしたいという方やリスナーの方なども来られます。

J-flow(ジェイ・フロー) へのアクセス

墨田区亀沢3-13-6岩崎ビル2F/TEL 03-5637-7577

■JR錦糸町・半蔵門線錦糸町駅から ■
JR北口のロータリーを出て正面左手のビルを左に曲がり道をまっすぐ進みます(A)。東武ホテル、トリフォニーホール横を過ぎ、親水公園を渡ったところに、「ほっともっと」手前(B)の信号があります。
そこから数えて3つ目の信号が、三つ目通り交差点です。交差点渡った角のビル(C:1Fが緑色看板のシェークツリーです)その2Fです。ビル1Fの引き戸からお入りください。
●ロータリーで循環バス「すみまる君」乗車だと、亀沢3丁目停車場で下車。少し引き返すと1分程度。バス料金は100円。 タクシーだと初乗り料金(410円)で北斎通りと三つ目通り角につきます。
  
■大江戸線両国から ■
大江戸線の改札を出て直進したところにエレベータ―があり地上階(A)にでます。地上にでるとエレベーターを背にし、そのまま真っすぐ信号を渡って進みます。途中、公園(北斎美術館のある公園:B)、ガソリンスタンド(C)を過ぎたら、大通りの手前右側にクリーニング屋がありますが、その隣のビルの右手に引き戸の入り口があります。(写真D)   

●バス・車利用の方へ
新橋からスカイツリー行きの都バスが出ております。亀沢4丁目バス停下車20秒。車だと向かいにコインパーキングがあります。

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ