【初めてのジャズ理論3】4和音 (M7 7 6) コードの探し方

楽譜

4和音は、5つの三和音の形【 メジャー, m ,m♭5(dim), sus4,aug】に(M7 7 6)を足していくことで出来ます。

(M7 7 6)は、メジャースケール(1-2-3-4-5-6-7)の数え方だと、6はそのままそれを足せばいいのですが、

混乱しやすいのは、(1-2-3-4-5-6-7)の(7)をコード表記ではM7と表すことです。

コード表記で 7 が出てくる場合は、メジャースケール上では(♭7)になります。

難しく考えなくても(M7 7 6)は、ルートの一オクターブ上の音から半音を下がって数えて足すだけで確実にわかります。

□M7(メジャースケールの7)

ルートのオクターブ上の半音下

□7(メジャースケールの♭7)

ルートのオクターブ上の半音2つ下

□6(メジャースケールの6)

ルートのオクターブ上の半音3つ下

を探し出して下さい。

4和音コードの探し方

(7 M7)を探す時注意するのは、

CM7 =C+M7 (ドミソ) +(シ)

Cm7=Cm+7 (ドミ♭ソ)+ (シ♭)

ということです。

7 M7を探す

✳︎注)

◯7はドミナントセブンと呼ばれます。

よく出てくるので覚えておいてください。

✳︎表記の注意

m-5に(7)を足すと m7-5になります。

5などの変化記号は7の後に付けます。

*例外

dim7 は(♭7)をdim(♭) →(半音下げ)するので6になります。

dim7は m-5(dim)+(6) で探し出せます。

この辺りをしっかり理解することが四和音を探すコツです。

それぞれの4和音にも転回形があります。

4和音には3つの転回形があります。

4和音には3つの転回形があります

このように、4和音と転回形をゆっくり確実に探しだせるようにしましょう。

オススメワークショップ

アドリブ実践ワークショップ
岡崎好朗さんと遊びながらアドリブ練習会

お問い合わせ☏03-5637-7577

✉ お問い合わせ
Copyright 2017 ほぼ毎日ジャズセッション、東京錦糸町J-flow TOPページ